くま笹珪素が生まれたそもそもの発想は、 

日本に古くから伝わる薬膳の“加薬(かやく)”と呼ばれる食べ合わせの知恵。 

 

かやく…と言えばカヤクゴハン。 

料理に薬味を混ぜたり添えたりする知恵は、 

古くに体系化され今日まで受け継がれております。 

 

身近な例ではお造りの盛り合わせ。 

お造りに必ず添えるわさびは殺菌、 

シソは解毒、ダイコンは消化吸収、 

菊花は肝臓の保護といった、 

温暖湿潤気候で生ものを食べる民族ならではの知恵です。 

 

また笹や竹を用いた食の防腐例も多く、 

笹団子・鱒ずし(笹)・おにぎり(竹皮)などは有名です。 

まさに自然とともに生きる日本人ならではの発想です。 

 

 

おもな原料は、イネ科の有機珪素を多く含むくま笹、 

毒消しとも呼ばれるほどのドクダミ、抗酸化作用の高い赤紫蘇、 

上質なカルシウム源として有名な化石サンゴなどなど。 

これらを日本の味噌づくりの知恵を応用した手法で発酵させたのちに超微粉末化してます。 

 

大事なのはこの製法。植物の有効成分を抽出するにあたり、 

素材に熱をかけると変質する上に酸化してしまいます。 

そのようなことが起きないように、日本古来の発酵の知恵を用いて、 

微生物の働きによって時間をかけてじっくりと抽出しています。 

 

この工程によって超ミクロサイズでの抽出が可能になるので、 

ごく少量でも驚くほど効果が発揮する優れた機能性と能力を兼ね備えた商品です。 

 

くま笹珪素

¥5,000価格

    「しあわせけんこう会」と「柏けんこうドットコム」は 有限会社 愛 が運営しています

    〒277-0054 千葉県柏市南増尾1-9-6

                   0120-124-396

                   04-7175-3753        氏家